中井智弥 公式WEB【箏・三絃・二十五絃箏・演奏家/作曲家】

中井 智弥 Tomoya Nakai

箏・三絃(生田流)/二十五絃箏演奏家。作曲家。

三重県津市出身。
箏・三絃・二十五絃箏演奏家。作曲家。
六歳より箏、十二歳より三絃を始める。
東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業。
古典的な箏、地唄三味線の研鑽を積む。

一方、音域の広い二十五絃箏を駆使し、箏の持つ可能性と芸術性を追求している。
その圧倒的テクニックとダイナミックかつ繊細な音楽表現は、
人の心を惹き付ける魅力がある。

自らが作曲・編曲する作品は、オリジナリティに溢れ、
伝統とモダンをミックスしたスタイルを確立している。
日本の古典文学、伝統芸能の能、世界の神話などを題材にし、
心地よくもエモーショナルな作品を創作している。
箏の世界では数少ない男性プレーヤーである。

Tomoya Nakai

Koto – Shamisen (Ikuta Style) | 25-Stringed Koto Musician/Composer

Tomoya Nakai was born in Tsu City, Mie Prefecture, Japan.
Nakai is a musician and a composer of koto, shamisen, and 25-stringed koto.
From the age of six, he started playing koto. From the age of twelve, he started playing shamisen.
Nakai graduated from the Department of Traditional Japanese Music of Tokyo University of the Arts.
He specializes in the traditional koto and shamisen.
While being able to freely express the wide range of registers of the koto, Nakai also explores the possibilities and the artistries that the koto possesses. Audiences will be carried away by his mind blowing performance techniques and bold but yet delicate musical expressions.
Music pieces arranged by Nakai are not only full of originality; they also express his unique music style – the fusion of traditional and modern elements. By borrowing themes from the Japanese classical literature, traditional performance art, and myth from all over the world, Nakai creates works that can not only move your heart but can also sooth your mind.

Nakai is truly one of the few magnificent male performers in the world of koto.

MOVIE

■2020年

・「中井智弥 箏・二十五絃箏リサイタル2020〜SWING〜」を三重と東京で開催

・「羽生結弦プログラムコンサート〜Music With Wings〜」出演

・「ガラスの仮面より スーパーオペラ歌劇紅天女」出演

・「韓日青年伝統音楽家の出会い」出演

・「上妻宏光×藤原道山コンサート〜音和〜」ゲスト出演

・「川井郁子“Dramatic”〜越境するミューズ」出演

・「SWING」ミュージックビデオを撮影

■2019年

・「中井智弥 箏・二十五絃箏リサイタル2019」を三重と東京(文化庁芸術祭参加公演)で開催。

・「紺野美沙子の朗読座 源氏物語〜紫ゆかりの物語〜」公演へ出演。

・豊田市能楽堂にて「能魔ヰ三重箏」公演へデーモン閣下、山井綱雄と出演。

・上妻宏光コンサート 和心伝心 Acoustic Tour 2019名古屋公演へ出演。

・機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ3周年イベントへ出演。

・「琉球箏曲と二十五絃箏との出会い」公演を主催。愛知・三重・東京を巡演。

・「淡路神話〜くにうみ〜」ミュージックビデオを撮影。

・「KaTaCHI〜序章〜」を東京と石川にて巡演。

・百鬼夜行列車2019〜執着駅へGOGO!“ダウト”コンサートへ出演。

■2018年

・「中井智弥 箏・二十五絃箏リサイタル2018」を三重と東京で開催。

・5thソロアルバム「PRIME」をリリース。

・日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念オープニングイベントに出演。ストックホルム・イェーテボリの2都市を巡演。同年大使館主催により北欧4カ国(フィンランド・ノルウェー・デンマーク)でコンサート開催。

・JTBロイヤルロード銀座主催ツアー世界遺産「長谷寺」にて演奏。

・扶桑文化会館主催「ふそう文化大学〜中井智弥のそーゆー箏」にて演奏。

・マレーシアにて「Wesak仏教芸術フェスティバル」に出演。

・総持寺にて「仏教音楽祭〜流音月聲〜」に早乙女太一、服部博之と出演。

・「刀剣乱舞 宴奏会&アンコール追加公演」に出演。

・豊田市能楽堂主催により「か〜るクラシックスペシャル版」公演にて山井綱雄と出演。

■2017年

・「中井智弥 箏・二十五絃箏リサイタル2017」を三重と東京で開催。

・山本ゆきのとお座敷唄エンターテイメントユニット「MARU-YA」を結成。同年7月1stアルバム「OZASHIKIuta〜4Seasons〜」をリリース。

・民音主催「凛として優しい、和と洋の弦楽器の魅力」公演を横浜関内ホールにて演奏。

・日本大使館主催によりフィンランド・スペイン・ポルトガル3カ国を巡演。

・「金沢 風と緑の楽都音楽祭」に藤間信乃輔、豊剛秋と出演。

・貝印主催「和洋伝心」コンサートに藤原道山、竹下景子らとともに参加。

・JTBロイヤルロード銀座主催ツアー世界遺産「興福寺」「平等院」にて演奏。

・「紺野美紗子の朗読座 源氏物語の語りを楽しむ〜紫のゆかりの物語」公演に出演

・国立能楽堂にて金春流能楽師「山井綱雄の会」公演に五大路子とともに出演。

・静岡市清水文化会館マリナート「豊饒の海 天人五衰」出演。

■2016年

・「中井智弥 箏・二十五絃箏リサイタル2016」を三重と東京で開催。

・EVA ALKULAと3rdアルバム「Laulu〜うたづくし〜」をリリース。

・2016年度「三重県文化奨励賞」受賞。同年記念パーティーを三重と東京で開催。

・中井智弥後援会「智の会」発足。

・新潟アートミックスジャパンに出演。

・民音主催「凛として優しい、和と洋の弦楽器の魅力」公演に東京文化会館にて出演。

・EVA ALKULAとフィンランドツアー開催。

・サンフランシスコ「さくら祭り」出演。

・川井郁子15周年コンサートツアーに参加。

・ふそう文化会館「水鏡の天女」出演。

■2015年

・「中井智弥 箏・二十五絃箏リサイタル2015」を三重と東京で開催。

・4thソロアルバム「TRADITIONAL」をリリース。

・日本大使館主催によりリトアニア・スウェーデン・スイス・ポルトガル・フィンランドにてコンサートを行う。

・静岡市清水文化会館マリナート「水鏡の天女」出演。

■2014年

・「中井智弥 箏・二十五絃箏リサイタル2014」を三重で開催。

・Thirdソロアルバム「infinity」をリリース。

・大分iichiko音の泉ホール、中津文化会館にてコンサートに出演。

・国際交流基金主催によりインド3都市を巡演。

・浅草公会堂にて「KOBUDO-古武道-の納涼会」に参加。

■2013年

・「中井智弥 箏・二十五絃箏リサイタル2013」を三重で開催。

・箏カンテレ JAPAN TOUR 2013をEVA ALKULAと行う。

・FM三重共催により国宝 高田本山専修寺 御影堂にてコンサートに出演。

・在エストニア日本大使館主催でエストニア三都市を巡演。

・名古屋フィルハーモニー交響楽団と二十五絃箏にて「ハープとフルートのための協奏曲(モーツァルト)」に出演。

・フィンランドにて現代音楽の祭典「ムジカ ノヴァ ヘルシンキ」にEva Alkulaとともに出演。

■2012年

・斉藤雅昭と「CAMUS」を結成

・アルバム「FIVE LOVES ~それぞれの愛の物語~」「異邦人」を続けてリリース

・三重県新人演奏家シリーズ「中井智弥 箏・二十五絃箏リサイタル」を開催。

・世界遺産コンサート in 下鴨神社に出演。

・URANUSベストアルバム「雨ニモマケズ」「風ニモマケズ」をリリース。

・EVA ALKULAとSecondアルバム「SILLALLA~橋の上で~」をリリース。

・フィンランドのトゥースラの音楽祭にEVA ALUKULAと参加。

・サンフランシスコにてソロ活動をSTART。

・九州国立博物館にて「日本の印籠展」開会式典にてEVA ALKULAと演奏。

・箏カンテレ JAPAN TOUR 2012をEVA ALKULAと行う。

・JAPAN TRADITIONAL ARTS ACADEMY「今昔ものがたり」を年に6回新作発表定期コンサートを開催。

・URANUS定期演奏会「4SEASONS」をSTART。

・和太鼓奏者 服部博之とDUOライブを開催。

・長野県茅野市にて文化コミュニケーション「つくしんぼ」を樋口泰世と相川瞳らと開催。

■2011年

・富山オーバードホール「ニューイヤーコンサート」にて東京フィルハーモニー交響楽団と共演

・JAPAN TRADITIONAL ARTS ACADEMY を舌ガタロウと設立

・ウィーン工科大学にて東京大学交流50周年記念イベントにて中嶋彰子氏と演奏

・ウィーン在住の中嶋彰子と斉藤雅昭とのユニット「TOMAKI TRIO」 ミニアルバムをリリース

・ドラゴニクルvol.8 を開催

・アイスランドで行われた「NMD2011」オープニングセレモニーで演奏を行う

・ヘルシンキ大学にてワークショップと日本の作曲家シリーズコンサートに招聘

・中井智弥 EVA ALKULA箏カンテレジャパンツアー2011を行う

■2010年

・6月 フィンランドの弦楽器カンテレの第一人者エヴァ・アルクラとJAPAN TOUR2010をフィンランド大使館をはじめ全国各地にて開催

・9月から10月 フィンランドにて、日本・フィンランド修好90周年フィナーレ記念事業にフィンランド・カンテレ協会より出演

■2009年

・日メコン交流年2009オープニング事業において、外務省から派遣される文化使節としてタイ・ベトナムを巡演。帰国後、首相官邸にてベトナム首脳を迎える午餐会で演奏

・フィンランドにてクフモのソンメロ音楽祭に参加、ヴィータサーリのコンテンポラリーフェスティバル“ムジーキンアイカ”2009オープニング事業にて演奏

・ソンメロ国際カンテレ合宿にて講師

■2008年

・フィンランドにてキハウス、クフモのソンメロ、ユーバスクラ、カウスティエの音楽祭に参加

・ソンメロ国際カンテレ合宿にて講師

・キハウス民俗音楽祭にて委嘱作品「楊貴妃」初演

■2007年

・フィンランド、国際交流基金主催事業として、メキシコ・チリ・ドミニカ共和国を巡演

・フィンランドのシベリウス音楽院カンテレコース20周年&フィンランドカンテレ協会30周年記念フェスティバルに出演

■2005年

・ウィーン・フィルハーモニーの名手ティボール・コヴァーチ(Vn)と自作「櫻川」で共演

■2003年

・長谷検校全国邦楽コンクールにて、三味線で奨励賞受賞

・宮城道雄記念コンクールにて、第3位受賞

・賢順記念全国箏曲コンクールにて2位

■2002年

・NHK邦楽技能者育成会47期卒業

・NHKオーディション合格

・津市文化奨励賞受賞

・週刊朝日「和の若き才能」の巻頭グラビアなどマスコミ等に紹介される

■2001年

・東京芸術大学音楽部邦楽科卒業

・同大学にて常英賞受賞

●CD

・6thアルバム『SWING』(2020年)

・5thアルバム『PRIME』(2018年)

・MARU-YA 1stアルバム『OZASHIKIua〜4Seasons〜』(2017年)

・EVA ALKULA と 3rdアルバム「Laulu~うたづくし~」(2016年)

・4thアルバム『TRADITIONAL』(2015年)

・3rdアルバム『infinity』(2014年)

・EVA ALKULA と Secondアルバム「SILLALLA~橋の上で~」(2012年)

・URANUSベストアルバム2「風ニモマケズ」(2012年)

・URANUSベストアルバム1「雨ニモマケズ」(2012年)

・CAMUS『異邦人』(2012年)

・CAMUS『FIVE LOVES ~それぞれの愛の物語~』(2012年)

・TOMAKI TRIO『TOMAKI TRIO』(2011年)

・EVA ALKULAと『楊貴妃』をリリース

・URANUS『革命の序曲』

・ミニアルバム『たつのおとしご』

・1stアルバム『花は心』、2ndアルバム『夢は現』

●メディア・雑誌掲載・楽曲提供

・岐阜県主催「関ヶ原ナイト2019」出演

・NHK総合「ABU TVソングフェスティバルin 東京2019」出演

・テレビ東京「川井郁子100年の音楽」出演

・月刊「邦楽ジャーナル」巻頭グラビア(2018年2月号)

・テレビ朝日「題名のない音楽会〜舞うヴァイオリニスト〜」出演

・NHK Eテレ「すごいぞ日本・古典芸能最新形」出演

・NHK BS「新・BS日本のうた〜岐阜県高山市〜」出演

・テレビ朝日「芸能人格付けチェック」出演

・NHK総合「ももクロ和楽器レボリューションZ」出演

・NHK Eテレ「にっぽんの芸能」(私と和コーナー)出演

・週刊新潮12月8日号にエヴァ・アルクラとの活動を紹介される(2011年12月)

・9CH「くりっぱpresents癒しの空」にて『ピウパリパウパリ』放送

・AIR DO(北海道国際航空)機内オーディオサービス

・フィンランド航空機内誌「キートス」

・毎日新聞「私が選んだこの一冊」

・週刊朝日「和の若き才能」巻頭グラビア

・月刊「NHKのおかあさんといっしょ」(2011年2月号)

・NHK札幌放送局ラジオ「フレッシュサウンド北海道」

・NHKラジオ第1「ラジオ深夜便」

・NHK総合テレビ「お元気ですか 日本列島」

・NHK総合テレビ「おかあさんといっしょ」冬の特別編成に出演(2011年)

●舞台音楽

・ジャパンアクションエンタープライズ第10回公演「残侠」

・『櫻川』日本舞踊協会新作公演にて

・劇団キリン食堂「KABUKIの城」

●参加アルバム

・「ART歌舞伎 MUSIC COLLECTION」デジタル配信コンテンツ

・川井郁子「LUNA」Sony Music

・Flower「熱帯魚の涙Asiatic version」Sony Music Associated Records

・code "M"「和楽~華の乱~」

・code "M" × VEE「TOKYO GRANDE」Lastrum

・小山絵里奈「VIVIDROP」 AVEX

・キンモクセイ「さくら」 BMG JAPAN

●配信

・「ART歌舞伎」配信公演出演

・「ART歌舞伎 Music Live 2020 in Kyoto」配信公演出演

・「日本舞踊協会映像配信作品〜地水火風空そして踊」演奏出演